通常のかつらとの違い

病気や病気の治療の副作用で髪の毛が少なくなってしまったり、薄くなってしまった時に、かつらを利用してみようと考えた事をある人はいるかと思います。
しかし、医療用かつらは通常のかつらと何が違うのかと疑問に思ったことがある人は少なくないかと思います。
簡単に説明すると医療用のかつらはJIS規格をクリアした物が医療用のかつらとして認可され、病気や治療の副作用で少なくなってしまった髪の毛をカバーするために作られている物です。
人間の髪の毛の変わりをするものなので、人毛を使われており自然な髪の毛を表現できるように設計されています。

通常のかつらは、人工毛を使用している場合が多く、様々な髪型を表現出来ますが、熱に弱く何度も何度も使用すると劣化してしまいます。また、かつら自体の重さにも違いがあり、医療用かつらは髪の毛に不安がある人が着ける物ですので、長時間装着しても、疲れないように非常に軽く作られていることが特徴です。
軽いと取れてしまうのではと心配する人もいるかと思いますが、現在の技術で作られた医療用かつらは取れにくく、多少の風などでは、取れる心配は一切ありません。通常のかつらも取れる心配はないかと思われますが、医療用かつらに比べると多少重く、一日装着をしていると若干の疲れが出てきてしまうでしょう。